スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽のことが中心のブログを始めました。

th_MOM151117291480.jpg

バイクやツーリングの事を中心にブログを書いていきたいと思っていましたが、環境の変化などから、だんだんバイクに乗ることが減ってきてしまいました。
よってこのブログのネタもだんだんなくなって、ずっと放置しまっていたのですが、最近また新たにブログを始めました。

音楽、楽器、機材が中心のブログ


バイオリンのレッスンに通い始めたり、バンドを組んだりしたこともあって、趣味は音楽が中心になってきました。
そんな時にまたブログを書きたいなと思いまして、音楽ネタならけっこう書くこともあるのではないかと、新しく立ち上げることにしました。

バンドではエレキバイオリンを担当していて、エフェクターやアンプなどの機材について勉強したことをまとめたりしています。
よかったらそっちのブログも見に来てみてください。よろしくお願いします。

LET'S ENJOY MUSIC

CBR250Rもまだ乗っています


バイクもたまにですが乗っています。もちろんCBR250Rは手放していません。
なんだかんだあって現在はフルカウルに戻り、なんとロスマンズカラーになっています。
バイクの記事もまたこちらで再開したいですね。

ゆっくりやっていきたいと思います。では。

スポンサーサイト

付け外しが面倒な付属のカメラストラップを便利にカスタム

GWは旅行に行く予定です。旅行中とかパッと写真を撮るにはカメラをストラップで首からさげておきたいですね。
それでカメラを買ったときについてきた純正ストラップを使ってみようと思ったんですが、これ、めっちゃ使いにくい。つけるのも面倒くさいし、外すのも面倒くさい。
もっと便利そうなやつを探してみたんですが、やっぱり便利なやつは高い。





ほら高い!これ見るとストラップとカメラがガチョンって付け外しができるようになってますね。そーゆーギミックが欲しいんですよ僕は。
そのくらいなら付属ストラップでもちょっといじればできそうです。という訳でカスタム開始です。

使うのはナスかんという金具。これをストラップに付けちゃいます。


th_P4260021.jpg


こんなこんな感じ。これを両端に付けてから、カメラに取り付け。あっという間に完成。


th_写真 2014-04-26 20 35 06


これなら付け外し簡単!メーカーは最低でもこのくらいの機能のストラップを付けてほしいですね。
とりあえず自分にあったストラップが見つかるまでこれでいってみます。
THEME:カスタム | GENRE:車・バイク | TAGS:

バイクのマッドガード&ETC用小物入れを自作

写真 2014-04-18 11 49 39


CBR250RにVTRのシートを流用したところ、フェンダーやら小物入れやらごっそり無くなってしまいました。
路面が濡れてる時に走ると、ギボシの部分とかがビショビショになってしまうので、マッドガードづくりに挑戦してみました。

マッドガード制作


材料はアクリル板です。形を作って固定するための穴を開けるだけなので簡単…かと思いきや、アクリル板は2つに割るのは簡単なんだけど、部分的に凹ませたような形に加工するのは結構難しい。
右のは少々いびつな形になってしまいました。



材料がアルミ板とかのほうが良かったかも。
まぁとりあえず今回はこれでいくことにして、タイラップで固定してみました。

th_P4040023.jpg

もう一個の方はナンバープレートの裏側で共締めしました。

th_P4040024.jpg

マッドガードはこれで完成。ついでに自主運用のETCを入れる小物入れも取り付けておきました。

小物いれ制作


まずは先ほど作ったマッドガードにマジックテープを貼り付けまして…

th_P4060025.jpg

タッパーをペタリ。

th_P4060024.jpg

超簡単にできちゃいました。コード類を通すために穴を開けてありますが、蓋を閉めておけば防水はまぁまぁいいでしょう。
振動対策としては、ETCの下にスポンジを引いてあります。アンテナはビキニカウルの裏側にマジックテープで貼り付けておきました。
走行中の振動でとれてしまうことがないか、現在実験中です。
THEME:カスタム | GENRE:車・バイク | TAGS:

丸目ライト化&ビキニカウル取り付けでネイキッドカスタム




僕の愛車CBR250Rなんですけどね、もうめちゃくちゃ古いバイクなんですよ。もう今年で27歳になります。僕が今年で25歳なので、年上ですね。

そんだけ古いとやっぱりいろいろと支障が出てきます。とくに外装関連はやっぱりいちばん傷んでくるところです。サイドカウルを塗装したりして大事に乗っているのですが、今度はアッパーカウルがダメになってしまいました。固定するためのネジ穴が馬鹿になって、なんだかムカついちゃいましてね。取っ払って、丸目ライト化、ついでにビキニカウルまで付けてやりましたよ。

カウルを取り外して純正メーターが丸見えになるとちょっとカッコ悪いんですよね。ホーネットとかのメーターに付け替える人もいるみたいですが、結構値段が張るし、配線の加工がかなり大変そうなのでやめました。
ビキニカウルをつけておけば純正メーターでも大丈夫なので、いい判断だったと思います。で、できたのが上の写真のやつです。

カスタムに使ったパーツ


カスタムにあたって購入したパーツをまとめてみます。


・ヘッドライト


ヤフオクで購入しました。ゼファー用だそうで、純正より一回り小ぶりだそうです。適当にΦ180のを買ったら大きすぎて、こちらを買い直すハメに。送料込みで4100円でした。


・ウインカー


リアウインカーも中古なので、ヤフオクで探してたんですが、ポジション付きのがなかなか見つからずにAmazonで購入。2090円でした。



・ウインカーステー


1490円。もうちょっと長いやつで、M10のがよかったかも。


・ウインカーバルブ


もともと付いてたやつがつかえると思ってたら、サイズが違ってレンズが閉まらずダメだったので購入。798円でした。



・三極カプラー


ウインカーを接続するために購入。2セットで702円。



・ビキニカウル


これは楽天で購入。3680円。



・ヘッドライトステー


間違ってウインカー用の穴が開いてないやつを買っていしまいました。大失敗!1694円。



・L字型ステー


メーターを固定するためにホームセンターで購入。いくらか忘れました。
まあ2つで500円くらいってことにしておきます。


合計:10,954円
ホントは買い直しとかしてますからね。もうちょっとかかってます。けど結構安くカスタム出来たと思います。
時間的にも結構長く楽しめたのでなかなかコスパの良い趣味です。
でもせっかく暖かくなったのに10日間ほどバイクに乗れませんでした。


ヘッドライト、メーター取り付け


ヘッドライトステー、ヘッドライトはネジを締めるだけで簡単につきます。ライトのカプラーも同じなので、完全にポン付け。で、ホムセンのL字ステーの穴を8mmに広げて友締め。純正のメーターステーを部分的に使って、メーターも簡単につきました。


th_P4120033.jpg


ビキニカウル、ウインカー取り付け


ビキニカウル、ウインカーを取り付けていきます。ヘッドライトステーは間違ってウインカー用の穴が開いてないやつを買っちゃったので、8mm穴をあけて取り付けました。ウインカーにはギボシがついてたので、3極カプラーに変更して接続。
それらが済んだらビキニカウルも取り付けます。


th_P4140063.jpg



以上でカスタムは終了!
いやー、カッコいいですねー。


th_P4140049.jpg


ハンドル周りはこんな感じ。古くなったパーツを取り替えたいですね。


th_P4140061.jpg


フルカウルに憧れて買ったCBRですが、跡形もなくカスタムしてしまいました。これはこれでカッコいいですね。
免許を取る前はアメリカンが好きでイントルーダーとか買おうと思ってたんですが、バイクに乗っている今はそんなことなくて、いろんなスタイルのバイクが好きになりました。
いつまで乗れるかわかりませんが、愛着もあるので修理できるかぎりは直して大事に乗っていきたいです。
THEME:バイク | GENRE:車・バイク | TAGS:

レンズ用保護フィルターの取り付け方



レンズ用の保護フィルターを購入してみました。
カメラの購入時に同行してくれた友人によると、「フィルター付けるか付けないかは好みです。僕は念のためつけてます。」とのことでした。

その時はいまいち必要性がわからなかったので、「そんなもんいらねぇ!」と突っぱねたのですが、いざカメラを使ってみると、レンズにやたらと埃は付くし、いつの間にか汚れてます。そんな訳で、「やっぱフィルター必要だわ。」という結論に至りました。

保護フィルターのサイズの確認方法


保護フィルターを付けるにしても、サイズも種類もたくさんありますから、どれを買えばいいのかわかりません。付けたいレンズに合うフィルターのサイズの確認方法を調べました。
レンズには必ずΦ〜mmと書いてあるので、そのサイズのものを買えばいいそうです。いろんな企業が販売してますが、基本的にサイズが合えば互換性があるようです。

LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020 には



まだ一度も使っていませんが、キットレンズのM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZには



これらを選びました。OLYMPUSのレンズにnikonのフィルターつけちゃう感じがいいですね。我ながら。

保護フィルターの取り付け方


まず埃が入らないようにレンズ、フィルターをエアブローします。そしたら、縁がねじになってるので、平行に合わせて右回りに回すだけです。簡単でした!


ズームレンズから取り付けました。

th_P4050025.jpg

フィルターの上からでも、ばっちりキャップも装着出来ました。

th_P4050026.jpg

H-H020につけるとこんな感じ。もちろんキャップも装着出来ました。

th_写真 2014-04-05 14 39 21

これでレンズが傷、汚れからまもられました!
もしフィルターに傷がついても数千円で済みますが、レンズの場合はそんなもんじゃすみませんから、安全のため付けておいたほうがいいのでしょうね。
THEME:デジタル一眼レフ | GENRE:写真 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。